学校経営 セミナー

商売人から見た教育現場

坂道を上から見たら下り坂、下から見れば上り坂です。
同じ物、事、現象も角度によって、見えてくるもが大きく違います。
「商売人から見た学校経営」今までの研修とは、少し趣が違います。
だから、新しい発見があり、気づきがあります。

NHK朝のドラマ「ちりとてちん」のふる里、若狭小浜で観光客相手に一膳あればいい箸を年商数億円の売上げをあげ、月刊誌商業界で全国繁栄14店舗に選ばれた、集客力、販売力、発想力、応用力、行動力はこれからの学校経営、学校教育に多くのヒントがあります。

先生が社会から尊敬されてこそ、真の教育が出来ます。会社も社会からも尊敬されてこそ繁栄するのです。
その共通点を真撃に熱く、ユーモアを交えての講義は大好評!
子供達の幸せな人生を歩ます事


講演テーマと内容
1)恋、愛。愛を語るのが校長。恋を実践するのが教頭。
2)坂道を上から見えれば下り坂。下から見れば上り坂。色々な角度から見える(眼力)
3)曲がった菜箸をダイエット箸で売る。マイナスをプラスに変える。(発想力)
4)困っている物を解決する。商品、技術は売れる。(観察力)
  
現場の先生、子供の困っているものをさがす。困っているものはどこにあるのか。
5)「あの人にあげたら喜ぶだろうなあ」商売人の基本の心。人間としての大切な心。
6)宝くじ当選ばしが何故売れる。楽しいがキーワード。
7)頭の中で科学反応する。(応用力)
8)知能ばし日本一のヒミツ。
 1.商売・教育はあの手この手にもう一丁
 2.一本の箸を切ることによってコーヒーマドラー、納豆棒、フォークをつくる。
 3.資源のない国、知恵、工夫を出して生きて行く(知恵、工夫力)
 4.商品技術に価値があるから売れるのではない。その価値を伝えた商品が売れる(話力)
 5.三つの価値を意識する。
  世の流れ、現場「つぶやき」の中に困ったものがある、女性と男性はほめるものが異なる。
 6.マイナス発想のすすめ
 7.F,Mをもて。絞り込んでほめる(感性力)
 8.片手にソロバン(教頭)、片手にバラの花(校長)
 9.目標、目的を明確にする
 10.お役に立つ人間(人間力)
9)商売は、集客・販売・固定客で成り立っている。
  
 1.集客力(人を集めるには好奇心を与えること。面白そう、聴いてみよう)
 2.販売力
   コップがこうなっている時は、お茶が入らない
  
   こうなっている時とは、商売と教育も同じ、尊敬される時になる
  夢を語る人、言動一致、知識のある人、技術のある人(地域とのかかわりをもつ)
  三Tを与える人、躾三原則ができている人(時を守る・礼儀・後始末)
  笑顔のいい人
 3.固定客
  事務的ではだめ(感動力) 高校野球 ミスター長島(演出力)
10)儲かると言う字の中に教育の原点がある。


講演対象者
校長会 教頭会 新人先生研修会 -


お礼の言葉

この度の講演たいへん貴重なものになりました。今まで、本当に小さな枠の中でしか学んでなかったんだなと痛感致しました。

京都 小林


講演を終えて、今まで生徒に対しての考え方見方が変わりました。先ずは、学校も商いも楽しいのが一番ですね。まず楽しく生徒に接する事から初めてみます。

岐阜 戸倉一樹


商売と教育が結び着くなんて最初は分かりませんでしたが、先生が提案されたものは、教育の現場でも実践出来るのだなと確信しました。

愛知 手島

非常に内容、及び話し方が弥勒的で、興味をもって聴く事が出来ました。子どもに指導するときに大切なこと、良いところを見つける。褒める。笑顔でいる等を再認識する事が出来ました。今日学んだことを生かして、自分の態度、人に体する接し方を改めたいです。

愛媛 佐藤




(有)商売繁盛応援団
〒917-0096
福井県小浜市雲浜1-4-6
FAX:0770-52-1765
kazuo@e-hashiseiwa.com