ボチボチ繁盛商店街


大阪商品の日常挨拶は「儲かりまっか?」「ボチボチでんな」
ボチボチはしっかり繁盛し儲かっていると言う代名詞です。
どこの商店街も家族経営でやっている以上、そうやたらとイベントを打つわけにはいかない。また郊外の大型店と価格、品揃えで競争しても勝ち目はない。昔ながらのお付き合いのあるお客様、ご近所の方々を大切にボチボチ繁盛することが一番だ。「ハイ奥さん これおまけ」「息子さん受検だネ。風邪引かないようにこれ食べさせてあげて」「僕、おりこうさんだネ、これゴホウビ」とコミュニケーションなんて横文字ではない、商店街には人と人との温もりを感じる会話があった、お付き合いがあった。そして今、団魂の世代、若者もスピード、利便性だけを追求した社会の殺伐とした心を感じている。いま求めているのは商店街のボチボチ生きる思いやりの心なのです。
お金をかけなくてそこに少しの企画を加えてボチボチ人に喜ばれ、自分も楽しむ商売、それが『ボチボチ繁盛商店街』なのです。


提案

講演対象者
各商店街 - - -



(有)商売繁盛応援団
〒917-0096
福井県小浜市雲浜1-4-6
FAX:0770-52-1765
kazuo@e-hashiseiwa.com